ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
通知を受け取る

コヒゲセセリなどメキシコ中央高原のセセリチョウたち(Mexico、201806-08)

9月に入り、こちらメキシコもだいぶ涼しくなってきました。さて、本日は7月~8月に撮影したものの掲載しそびれていた写真を掲載します。セセリチョウの写真ですが、既にご紹介済の種類もいますし、初登場の種類もおります。


コヒゲセセリ(Hylephila phyleus
日本ではこれからイチモンジセセリが増えてきますね。イチモンジセセリの食草はイネ科ですが、このコヒゲセセリもイネ科を食草としています。数も比較的多い、小型のセセリチョウです。英語名は“Fiery skipper”。花の周辺を激しく飛び回ります。
f0345350_08222973.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/400, ISO200


f0345350_08274598.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F11, 1/800, ISO400



グアバセセリ(Phocides polybius
初めて見た時は驚きました。6月下旬から7月中旬まで観察できました。食草はグアバ。Phocidesの仲間は変わったデザインの仲間が多いようです。
f0345350_08381888.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/200, ISO100



アリゾナセセリ(Codatractus arizonensis
和名は見当たらなかったのですが、英語名の“Arizona Skipper”を直訳しています。食草はマメ科です。
f0345350_08442862.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/1000, ISO400


表翅の白い斑紋が特徴的なのですが、ピンボケしか撮れませんでした(泣)ピンボケ写真でも種類を特定する際には役立ってくれます。
f0345350_10211788.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/1000, ISO400, -0.3EV


f0345350_08512430.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/1000, ISO400



Thorybes drusius
英語名は“drusius cloudywing”。かなり地味なセセリチョウです。この蝶も食草はマメ科のようです。
f0345350_08522840.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/1250, ISO200


f0345350_08565039.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/640, ISO200



Polites sabuleti
同定には確信がないということで「?」です。一度しか出会っていませんので、次の機会の際にしっかり撮影して確認してみます。
f0345350_08580383.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/640, ISO100


f0345350_08585654.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/250, ISO100



Copaeodes minima
北米最小のセセリチョウ。英語名は“southern skipperling”です。食草はイネ科のバミューダグラス(ギョウギシバ)です。指に乗せて大きさをコビトシジミと比較したいのですが、何度挑戦しても指に乗ってくれません(汗)
f0345350_09000257.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F9, 1/640, ISO400, +1EV


f0345350_09021577.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/800, ISO400, +0.3EV



Lerema Accius
私が住む住宅エリア内の小さな公園で見つけました。英語名は“Clouded skipper”です。食草はイネ科のセントオーガスティングラスなどです。
f0345350_09042751.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/400, ISO800, +0.7EV


露出補正失敗です(苦笑)
f0345350_09043771.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/320, ISO400, +0.7EV



セセリチョウは種類が多いですね。また個性的なセセリチョウに出会ってみたいものです。




Commented by wabisuke-miyake at 2018-09-03 15:52
セセリチョウの愛くるしさは
世界共通ですね(*^^*)
Commented by fushiginomori at 2018-09-04 13:31
セセリチョウが並びましたね。
最初のコヒゲセセリが気に入りました。黄色っぽい色合いが良いですね。
和名の由来が気になります。
イチモンジセセリタイプのセセリは同定に苦労するので、スルーしがちなのですが、
最近少し反省しています。
Commented by naoggio at 2018-09-04 21:43 x
セセリのオンパレード、可愛らしいですね。
私はなんと言っても以前にも見せていただいたグアバセセリに会ってみたいです。
それにしてもメキシコの蝶の多様性には驚かされます。
何が飛び出すかわからない。玉手箱のようで楽しいでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2018-09-06 07:11 x
食草がマメ科って珍しいなと思って調べたら、日本ではオキナワビロードセセリとかテツイロビロードセセリがいました。
なんとなく似ていなくもないかな。
セセリってついつい他の蝶に気を取られて撮影しそこなうことが多いですが、きちんと目を向けられていてさすがですね。
Commented by yurinBD at 2018-09-06 10:48
wabi-chacha* さん、コメント有り難うございます。
セセリチョウは目に可愛さがあり、まさに愛くるしいですよね、これは日本でもメキシコでも一緒ですね♪
Commented by yurinBD at 2018-09-06 10:52
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます。
コヒゲセセリ、確かに黄色っぽい色合いで、独特ですね。
和名は短い触覚=コヒゲ、ではないかと推測しています。
セセリは同定が大変ですよね、私も不明のままのセセリがいます。
セセリを網羅した良い図鑑が欲しくなりますね。
Commented by yurinBD at 2018-09-06 10:55
naoggioさん、コメント有り難うございます。
セセリにはぬいぐるみ的な可愛さを感じてしまいます。
グアバセセリは独特ですよね、この仲間にはデザインが派手な種類もいるようですので、出会ってみたいものです。
私の住むエリアの蝶の北米との共通種が多いように思いますが、南に行けばまた違った種類が見られるかと思います。
せっかくの機会ですので、できるだけ多くの種類の蝶を撮影したいところです!
Commented by yurinBD at 2018-09-06 10:59
ダンダラさん、コメント有り難うございます。
食草がマメ科のセセリは珍しいのですね、確かにオキナワビロードセセリ、テツイロビロードセセリと今回ご紹介したアリゾナセセリは体形が少し似ているように感じます。
セセリは確かに撮影しそこなうことも多いですよね、ただ種類が多いですからなるべく見逃さないように撮影しています。
by yurinBD | 2018-09-03 10:37 | Mexico | Comments(8)