ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
通知を受け取る

瑠璃色のイトトンボ Enallagma civile、琥珀色の翅のトンボ Perithemis intensa(Mexico、20180811,0812)

f0345350_22563874.jpg




前回ご紹介した北米最小のセセリチョウ Copaeodes minimaを撮影していると、ファインダーの中にブルーの影が見えました(写真左上)。
f0345350_01403266.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/500, ISO200


ブルーの影の方に焦点を合わせるとイトトンボでした。メキシコでイトトンボを見るのは初めてのことでした。
f0345350_01421334.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/400, ISO200


Enallagma civile
英語名は“Familiar Bluet”。ルリイトトンボ属(Enallagma)のトンボです。カナダ南部から、米国、メキシコ、中米、コロンビア、ベネズエラなどの南米北部まで幅広く生息しているようです。
f0345350_01574709.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/400, ISO200


f0345350_01590817.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/1000, ISO200


水色が美しいですね。
f0345350_01585537.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/400, ISO200


飛んでいるところを狙ってみましたが、SSが1/1000と遅かったためか翅が殆ど見えなくなってしまいました。いつも絞り優先で撮っていますが、飛翔はSS優先で撮影した方が良いのでしょうね。
f0345350_02001751.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F6.3, 1/1000, ISO200, トリミング



インテンサヒメキイロトンボ(Perithemis intensa)
Enallagma civileを撮影した翌日、琥珀色の翅を持つトンボにも出会いました。アメリカ南部とメキシコに生息するトンボで、英語名は“Mexican amberwing”。メキシコの琥珀色の翅を持つトンボ、です。
f0345350_12031225.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/500, ISO400, +0.7EV


胸部のデザインはシンプルです。
f0345350_12062167.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/500, ISO400


池を泳ぐ琥珀色の鯉を背景に。
f0345350_12083430.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/320, ISO400, +1EV


f0345350_12094110.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/250, ISO400, +1EV, トリミング


周辺環境に風情はありませんが、生息環境の証拠写真を撮影。
f0345350_12114570.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/1250, ISO1600



人工の池にトンボがいるのですから、自然の川や池があれば、もっとトンボに出会える可能性があると感じます。また、探してみます。




Commented by mikiosu at 2018-08-26 05:52
こんにちは。
おお〜、ルリイトトンボ属もキイロトンボ系もなかなか魅力的ですね。これはまた楽しみが増えましたね(笑)。少しでも海外生活が楽しくなるよう祈っております(マジです)。
Commented by dragonbutter at 2018-08-26 21:47
ルリイトトンボ属は日本の常識では北方系のトンボですが、メキシコでも見られるのは驚きです。
amberwingはこの種ではないですが、合衆国東海岸で見ました。小さくてかわいいですよね。
Commented by yurinBD at 2018-08-27 01:20
みき♂さん、コメント有り難うございます。
メキシコではなかなか蜻蛉に出会えていなかったのですが、少し観察できるようになり良かったです。
海外生活の応援、有り難うございます!
蝶と蜻蛉の観察は週末の楽しみになっています。
Commented by yurinBD at 2018-08-27 01:22
dragonbutterさん、コメント有り難うございます。
ルリイトトンボは北方系のトンボなのですね。
私の住むエリアは標高が高い高原地帯で乾燥した涼しい気候ですので、北方系のトンボが生息できるのかもしれません。
amberwingは米国でご覧になられていたのですね、コメント頂きましたとおり小さく可愛いトンボでした。
by yurinBD | 2018-08-26 02:40 | Mexico | Comments(4)