ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
通知を受け取る

高地に住むニンビスタカネマダラシロチョウ(Mexico、20180501)

f0345350_10131318.jpg




メキシコに来て以来、蝶の撮影と言えば専らランタナの咲く公園でしたが、他の公園も開拓してみようと、地図上で公園を探してみると、ランタナの咲く公園の隣に池のある公園があることに気が付きました。早速行ってみることにしました。


f0345350_11232734.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM, F9, 1/500, ISO100


正直に言って水の管理は今一つで、水質はあまりよくなさそうですが、野鳥の休憩場になっているようです。池の中央にある樹木に見える白い点々は鳥たちです。


f0345350_11252092.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM, F9, 1/250, ISO100


メキシコでは紫色の花が咲いているのをよく見かけます。ハカランダ(JACARANDA)という木ではないかと思います(花もしっかり撮れば良かった・・・)サボテンもあり、メキシコらしいでしょ?


さて、肝心の蝶ですが、この公園でちょっと変わった蝶を見つけました。
f0345350_10185564.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/400, ISO400


f0345350_10190278.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/1600, ISO400


黒ベースに大きな白い斑紋があり、斑紋の中心にはイエローのラインが入っています。更に胸部には赤い斑紋。特徴があるわりには、ネットで調べてもなかなか分からなかったのですが、2回目の出会いの時に表翅を撮影することができ、やっと種類を特定することができました。


ニンビスタカネマダラシロチョウ(Catasticta nimbice
タカネマダラシロチョウの仲間は中南米に広く生息しており、主に標高1000~4000mの高所にいるとのことです。確かに私の住むエリアも、標高1,800m以上あります。--- 街そのものは起伏がなく平坦ですが、標高は高いです。
窪地に生える草にとまりましたので、そっと近づいて広角で撮影してみました。窪地ですので、背景があまり写っていません(苦笑)
f0345350_10235410.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/320, ISO400



別の日、この蝶が葉にとまっているのを見つけました。高い位置で撮影しにくい・・・。
f0345350_10274308.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/400, ISO400


花の咲く植物に移動し、半開翅でしたので、近づいて広角での撮影を試みましたが。近づききる前に飛ばれてしまいました。分かりにくいですが、蝶は写真の左下の方にいます。
f0345350_10284200.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/5000, ISO1600


f0345350_10300106.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/5000, ISO1600


またまた翅を開き気味にとまりましたので、これは再び表翅撮影のチャンス到来と近寄ります。
f0345350_10305744.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/1250, ISO1600


f0345350_10321654.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/2000, ISO1600


翅の全開シーン、幸い近づくまで飛ばないでいてくれましたので、真上からの撮影が叶いました。
f0345350_10322276.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/3200, ISO1600



シロチョウの仲間ですが、全体としては地色の黒が目立ちますので、どちらかと言えばクロチョウという印象でした(笑)。シロチョウにもいろんな種類がいるものです。



Commented by fushiginomori at 2018-05-23 20:32
確かに横顔はシロチョウですね。でも、不思議な蝶ですね。
広角の写真と飛翔の写真はキアゲハに見えます。
(そう見えるのは私だけかもしれませんが…)
確実にフィールドが広がっているのですね。
ところで、ランタナを見ているとそう見えませんが、1800mって高原ですね!!
Commented by banyan10 at 2018-05-25 21:59
良い公園が多そうですね。
環境が変わると蝶の種類も違うので楽しみが増えますね。
僕もこの記事でかなりの標高で驚いています。日本では高山蝶の世界ですね。
日本ではこういうシロチョウは見れないので、不思議な感じです。
Commented by himeoo27 at 2018-05-26 17:22
ニンビスタカネマダラシロチョウは、
「ゴマダラチョウ」に似た
こちらでは見かけない
変わった風合いのシロチョウですね!
Commented by Sippo5655 at 2018-05-27 21:25
これでもシロチョウの仲間ですか!?
ほんとクロチョウっぽいですね^^;
表の撮影、ご苦労されただけあって
綺麗に撮られていますね!
翅形はアゲハっぽくもあるし、
模様は、ゴマダラチョウの模様が整然と整ったような、、
ん~、不思議!!
Commented by naoggio at 2018-05-28 15:17 x
全く知らない蝶でした。
日本にはこの感じの蝶はいませんねえ。
強いていえば東南アジアのカザリシロチョウの仲間の黒っぽいやつが雰囲気似ていますね。
でも表が全然違う。
ラストの開翅画像、とても素敵です !
Commented by yurinBD at 2018-05-28 20:31
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます。
ちょっと不思議な雰囲気の蝶ですよね、確かにキアゲハのようにも見えますね~
フィールドはまだまだ少なく、こちらに慣れてきたら違う場所にも足を伸ばしてみたいと思っています。
1800mはまさに高原で「メキシコ中央高原」と言います。
Commented by yurinBD at 2018-05-28 20:34
banyanさん、コメント有り難うございます。
公園はあるのですが、花のある公園が少なく、蝶の探索場所はまだ限定的です。
もう少し開拓してみたいと思います。
確かに1800m以上というと高山蝶の世界ですね、もう少し標高の低い場所も探索してみたいです。
このシロチョウはかなり不思議な印象で、はじめはシロチョウの仲間とは思いませんでした。
Commented by yurinBD at 2018-05-28 20:38
ヒメオオさん、コメント有り難うございます。
なるほど~、確かにゴマダラチョウ的な雰囲気もありますね。
日本とは異なる雰囲気の蝶との出会いは面白いです。
もっと探してみますね♪
Commented by yurinBD at 2018-05-28 20:41
Sippoさん、コメント有り難うございます。
黒い地色が目立ちますので、クロチョウっぽいですよね(笑)
何とか表翅が撮影でき、種類が特定できてホッとしています。種類が分からないと気になるんですよね。
また、不思議な蝶を他にも探してみます!
Commented by yurinBD at 2018-05-28 20:45
naoggioさん、コメント有り難うございます。
確かに裏翅はカザリシロチョウの仲間に似た雰囲気がありますね、東南アジアの蝶ももっと見てみたいものです。
開翅が何とか撮影できて良かったです、表翅はシロチョウのデザインとはちょっと違う感じがして不思議です。
by yurinBD | 2018-05-23 14:45 | Mexico | Comments(10)