ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
通知を受け取る

イチマツシロチョウ、マリナカクモンシジミ、コヒゲセセリなど(Mexico、20180415)

f0345350_06085475.jpg




私の住むメキシコ中央高原地域は乾季の終盤ということもあり、大地はすっかり乾き、風が吹くと砂が舞い上がります。草花も元気がなく、蝶の姿もなかなか見ることができませんでした。陽射しが強く、歩いていると喉も渇きます。
f0345350_06121033.jpg



f0345350_06121748.jpg




かなり歩いてやっと白い蝶を見かけました。追いかけては飛ばれを何度か繰り返しながら、徐々に接近していきます。次の写真の中央下部に蝶が写っているのですが、見えますか?
f0345350_06165279.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F13, 1/400, ISO400


イチマツシロチョウ(Pontia protodice
もう少し近づいて観察してみましょう。世界で1,000種はいるらしいシロチョウの仲間たち、南極以外のすべての大陸にいるということで、メキシコにもしっかり生息していました。
f0345350_06191268.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F11, 1/1000, ISO800


おとなしくしていてくれましたので、マクロで撮影してみました。裏翅の模様が特徴的です。シロチョウでも日本でみられる種類とはっきり違う特徴があると嬉しくなります。
f0345350_06201282.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM, F7.1, 1/500, ISO200



少し離れた場所で、吸蜜している個体を見つけました。
f0345350_06252386.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/500, ISO100


確かに市松模様ですね~。この蝶は北アメリカではポピュラーらしいです。英語名は“Checkered white”。
f0345350_06281741.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/400, ISO100


f0345350_06284954.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/320, ISO100


次に公園の植栽の花に蝶が来ていないかを確認してみました。困った時の花頼りです。すると、何種類かの蝶を見つけることができました。


クロテンチビウラナミシジミ(Echinargus isola
この蝶は、以前、出張で来た時に見つけたことのある蝶です。かなりポピュラーなのでしょうね。
f0345350_05501607.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM, F8, 1/640, ISO200


f0345350_05502202.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/2000, ISO400



マリナカクモンシジミ(Leptotes marina
こちらの蝶は初め見ました。ウラナミシジミ的雰囲気の蝶ですが、マリナカクモンシジミだと思います。いずれ表翅を撮影してみたいものです。
f0345350_05590750.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/4000, ISO400


f0345350_05591287.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/1600, ISO400



コヒゲセセリ(Hylephila phyleus
セセリチョウにも出会うことができました。北米ではポピュラーなセセリのようです。
f0345350_06040503.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/640, ISO400


f0345350_06041191.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/200, ISO200


(1枚追加)
f0345350_22284658.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F8, 1/200, ISO200


この日は既にご紹介済のアゲハ2種を含め、6種類の蝶を見つけることができました。また、時間を見つけて探してみたいと思います。



Commented by Sippo5655 at 2018-04-29 21:58
乾季ですか・・・
四季のある日本に住んでいると、
想像もつきません。
水分補給しっかりなさって、体調管理お気をつけてくださいね。
そんな中、シロチョウの仲間に出会えたのですね!
本当だ、模様が違う。
止まっている石の色合いに擬態しているようにも
見えました。
やはり、似たような色の上は安心するのでしょうか。
コヒゲセセリ、コヒゲとはどこから??
お花はランタナのようですね。
Commented by yurinBD at 2018-04-29 22:35
Sippoさん、コメント有り難うございます。
こちらに来て約1か月が経ちますが、雨は一度だけ、しかも短時間でした。
水をガブガブ飲んでます(笑)
蝶は似た色に安心しますよね、生きる知恵なのでしょうね。
「コヒゲ=触覚が短い」のような気がします。触覚がよく見える写真を追加しておきました。
花はランタナです。蝶の撮影には頼りになる花です!
Commented by KAZ at 2018-04-30 20:36 x
乾季とはいってもそこそこ蝶は見られるんですね。
私が以前バンクーバーに行った時も乾季で蝶が少なくて苦労しました。
このシロチョウはなかなか渋くていいですね。
前回のフタオトラフアゲハはすばらしいアゲハですね、見ごたえがありましたよ。
アメリカ大陸はキアゲハに近縁のアゲハが色々いて面白いですよね。
Commented by yurinBD at 2018-05-01 11:32
KAZさん、コメント有り難うございます。
蝶と言えば熱帯のジャングルにたくさんいるイメージで、こちらはそうした環境とは全く異なる乾燥した地。
蝶が見られるか心配でしたが、何種類かは見ることができ、ホッとしています。
シロチョウでも日本とは明らかにデザインが異なる種類を見つけると嬉しくなります。
キアゲハに近縁の種類が多いのですね、もっと探してみます!
Commented by fushiginomori at 2018-05-04 13:56
乾いた景色はメキシコのイメージ通りですが、雨季が楽しみですね。
シジミチョウの登場、でもシロチョウも魅力的です。
カクモンシジミにも種類があるのですか? この種類は尾状突起が無いのでしょうか?
Commented by yurinBD at 2018-05-05 12:31
fushiginimoriさん、コメント有り難うございます。
今の季節は本当に乾いており、乾燥していて、サボテンのあるメキシコのイメージですね。
6月ぐらいから雨期に入るようですので、蝶の種類が増えることを願っています。
カクモンシジミですが、アジアとアフリカのカクモンシジミには尾状突起があり、中南米のカクモンシジミには尾状突起がないようです。
不思議ですね。
http://www5c.biglobe.ne.jp/%257emmmworld/s2/s2s3/s2s3s2/s232_sjLepo1.html
by yurinBD | 2018-04-29 06:12 | Mexico | Comments(6)