ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
通知を受け取る

ブルーが美しいウラナミシジミ(千葉県松戸市、20171105)

f0345350_12430551.jpg




11月5日(日)、前夜に降った雨もあがり快晴。近所の公園を散歩してみました。



ベニシジミ
綺麗なベニシジミを見つけました。この季節のシジミチョウは美しいですね。
f0345350_12442747.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/640, ISO400


f0345350_21511147.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/800, ISO400


f0345350_21511552.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F5.6, 1/500, ISO200



ウラナミシジミ
続いて見つけたのは表翅のブルーがとても美しいウラナミシジミ。地色の紫色に細い毛の青色が交じり、美しい色合いです。これほど綺麗なウラナミシジミを観察したのは初めてです。
f0345350_12483043.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F5.6, 1/800, ISO200


f0345350_12484154.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F9, 1/400, ISO200


f0345350_12485385.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F5.6, 1/5000, ISO1600


裏翅も綺麗ですね。
f0345350_12482564.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F9, 1/640, ISO200



ヤマトシジミ
ヤマトシジミの青もまた、違った魅力がありますね。
f0345350_12520161.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F9, 1/500, ISO200, +0.7EV


f0345350_12520892.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F9, 1/400, ISO200


f0345350_12521474.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F9, 1/4000, ISO1600, +0.7EV



気温が下がり、蝶が少なくなるこの季節に美しい蝶に出会うと、嬉しくなりますね。




Commented by naoggio at 2017-11-08 10:32 x
本当に綺麗なウラナミシジミですね。
私は今年はウラナミシジミの新鮮個体に縁がなくメスを少し撮ったくらいで終わってしまったので羨ましいです。
↓クロツも風邪で行けず残念でした。拝見するに色々なよいシーンに恵まれたみたいでよかったですね。
↓↓のメキシコのウラナミシジミ系、最初クマソの低温期型変わり種かと思ってしまいました。
可愛らしい蝶ですね。
Commented by mikiosu at 2017-11-08 13:48
こんにちは。
いやマジでウラナミシジミ綺麗ですね!
ベニシジミもヤマトシジミも丁寧に撮られていて、こうした普通種もちゃんと撮れば綺麗なんだなと思わせてくれるお写真、ありがとうございました。
自分も、もう今年は撮るものがないな、などと思わず、ちゃんとフィールドに出て丁寧な撮影をしたいと思います♪
Commented by yurinBD at 2017-11-08 23:43
naoggioさん、コメント有り難うございます!
綺麗なウラナミシジミが目の前に飛来してくれて、ラッキーでした!
クロツはご一緒できず残念でした。また、次のご一緒させて頂く機会を楽しみにしております!
メキシコのシジミ蝶、確かにクマソ的な雰囲気がありますね、異なる場所に行くと異なる蝶がいて、蝶が趣味になってからは様々な場所に行くのが一層楽しくなりました!
Commented by yurinBD at 2017-11-08 23:48
みき♂さん、コメント有り難うございます!
特に何を探すわけでもなく近場のフィールドに行ったのですが、綺麗なウラナミシジミに出会うことができ、嬉しかったです!
励みになるお言葉を有り難うございます!
気温が下がり蝶の数が減ってくると、出会う1頭1頭の蝶が貴重に思えてきますね。秋が深まる中、引き続き蝶の姿を探してみたいと思います!
Commented by banyan10 at 2017-11-09 16:34
ウラナミシジミ綺麗な個体ですね。
僕も何度か綺麗な雄を撮影していますが、最近は見ていないですね。こういう綺麗な個体を撮影すると少し色褪せていると撮影意欲が薄れるのが難点です。(^^;
Commented by KAZ at 2017-11-09 21:20 x
そうそう、ウラナミシジミの♂の色合いは紫の翅とブルーの毛のコラボなんですよね。
写真の個体は色が良く乗っていて綺麗ですね。
私もウラナミシジミは好きで良く撮りますが、今年はあまり綺麗な写真は撮れませんでした。
Commented by yurinBD at 2017-11-10 22:53
banyanさん、コメント有り難うございます!
ウラナミシジミの綺麗な表翅を撮影したことがあまりありませんでしたので、今回は良かったです!
確かに綺麗な個体を撮ると、次も綺麗な個体を!と思ってしまいますよね、
綺麗な個体を探すことを楽しみにしてみます!
Commented by yurinBD at 2017-11-10 22:56
KAZさん、コメント有り難うございます!
今まできちんと観察していなかったのか紫の翅とブルーの毛のコラボであることを意識しておりませんでした。
今回は、そのコラボがはっきりと分かり、良かったです!
これからの季節は、越冬蝶以外で綺麗な個体を見つけるのは、だんだん難しくなってきますね。
Commented by fushiginomori at 2017-11-11 17:30
yurinさんの写真はいつもながら綺麗ですね!!
ピントもビシッと決まっていて、とても素晴らしいウラナミシジミです。
綺麗に撮ってもらって喜んでいるようです!!
成虫では越冬できないシジミたちですから、この時期儚さも感じて、一層愛おしいですね。
Commented by himeoo27 at 2017-11-11 18:56
羽化直後の「ウラナミシジミ」でしょうか?
鱗粉、羽毛いずれも新鮮で綺麗ですね!

ベニシジミ、ヤマトシジミも素敵です。
Commented by twoguitar at 2017-11-12 19:41 x
ウラナミシジミ、とても美しいですね。羽化したて&写真の腕前の良さのコラボレーションですね。
10日に山梨の富士川沿いにある下部温泉方面に行きましたが、一番多いのがウラナミシジミ。しかし残念なことにほとんどが擦れた個体でした。
ベニシジミも美しいですね。
Commented by yurinBD at 2017-11-12 21:29
fuahiginomoriさん、コメント有り難うございました!
お褒めのお言葉、励みになります!
綺麗なウラナミシジミでしたので、慎重に撮影してみました。
そうですよね、特にウラナミシジミには儚さを感じます。
房総南部で越冬していないものか、確認したいところですね。
Commented by yurinBD at 2017-11-12 21:31
ヒメオオさん、コメント有り難うございます!
羽化して間もないウラナミシジミかもしれませんね、鱗粉・羽毛ともに新鮮な個体に出会えて良かったです。
この季節、ベニシジミやヤマトシジミも美しく、輝きますね!
Commented by yurinBD at 2017-11-12 21:34
twoguitarさん、コメント有り難うございます!
カメラの性能任せという噂もありますが(苦笑)、お褒めのお言葉有り難うございます!
この時期はウラナミシジミも多いのですね、どの地域であれば子孫が越冬できるのか知りたいものです。
この季節はベニシジミも綺麗な個体が出ていますね!
Commented by Sippo5655 at 2017-11-12 21:59
晩秋ですね。
ウラナミシジミの淡いブルーも
そして、ヤマトシジミ♂の淡いブルーも
同じくらい大好きです♪
ヤマトシジミの飛翔も、綺麗ですね!!
東京ではだいぶ数が減ってきました。
Commented by yurinBD at 2017-11-13 07:00
Sippoさん、コメント有り難うございます!
晩秋になってきましたね、
この時期、シジミチョウたちのブルーがとても綺麗に感じます。
ヤマトシジミ、こちらでは昨日の段階でもそこそこ飛んでいましたが、敏感で撮影させてもらえませんでした(涙)
これからの時期、フィールドの主役は越冬蝶に移行していきますね。
by yurinBD | 2017-11-08 06:29 | 蝶・蜻蛉の体・斑紋・形態 | Comments(16)