ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

鬼怒川のツマグロキチョウ、モンキチョウの交尾など(栃木県、20171008)

f0345350_21000310.jpg




鬼怒川撮影行のラストはツマグロキチョウです。「鬼怒川 秋の3種」の中では、個体数が最も多いように感じました。



ツマグロキチョウとキタキチョウ
はじめに訪問したシルビアシジミのポイントで見つけたツマグロキチョウです。キタキチョウが近寄ってきました。両種の裏翅の違いが分かります。翅がてからないようにと露出補正をしたところ、暗い感じになってしまいました(汗)
f0345350_09241823.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/1600, ISO200, -0.3EV


f0345350_09242258.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/1000, ISO200, -0.3EV



カワラノギクに飛来したツマグロキチョウ
今回はカワラノギクでの吸蜜シーンを観察したいと思っておりましたが、気温が上昇し暑かったせいか葉の裏に隠れたり、吸蜜してもコセンダングサだったりする場合が多く、カワラノギクへの飛来シーンを撮影するチャンスは少なかったです。まずコセンダングサでの吸蜜シーン。
f0345350_09265467.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/500, ISO200


続いて、カワラノギクからの飛び出しのシーンです。
f0345350_09305181.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F6.3, 1/4000, ISO1000


f0345350_09305551.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F6.3, 1/4000, ISO1000


f0345350_09305853.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F6.3, 1/4000, ISO1000



ツマグロキチョウの飛翔
当日ご一緒させていうただいた皆様との解散後に訪問した別の場所で出会ったツマグロキチョウです。
f0345350_09343178.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/500, ISO400


くるくるっと巻いた口吻が良い感じです。
f0345350_09343530.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/2500, ISO1600


f0345350_09343852.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/2500, ISO1600



これで「鬼怒川秋の3種」を無事に撮影できました。その他にも、身近な蝶たちではありますが、個人的には嬉しいシーンに幾つか巡り合うことができました。

モンキチョウの交尾
モンキチョウは身近な蝶ですが、これまで交尾を観察したことがありませんでした。初めてのモンキチョウの交尾の撮影です。眼に影がかかってしまった点が残念。
f0345350_21540667.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F6.3, 1/1000, ISO200, +0.3EV



カワラノギクに集う蝶たち
貴重なカワラノギクに、様々な蝶たちが吸蜜にやってきておりました。
f0345350_10141397.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/1250, ISO200


f0345350_10143001.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/1000, ISO200


f0345350_10141947.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/640, ISO200


f0345350_10142743.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/800, ISO200


f0345350_10142300.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F6.3, 1/800, ISO400



カワラハハコで吸蜜するベニシジミ
カワラハハコでの吸蜜シーンも撮りたかった蝶景の一つです。
f0345350_10180116.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F8, 1/800, ISO400, +0.3EV



アザミで吸蜜するヒメアカタテハ
蝶に大人気のアザミですが、これまでヒメアカタテハの吸蜜を見たことがありませんでしたので、撮影できて良かったです。
f0345350_10211121.jpg
Olympus E-M1MarkII, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO, F7.1, 1/800, ISO400



ご一緒させていただきましたダンダラさん、naoggioさん、Sさん、奥様方に改めて感謝申し上げます。10月に入ると蝶の季節も終盤戦。冬に入る前に、もう少し蝶の姿を見ておきたいものです。



Commented by banyan10 at 2017-10-14 10:20
僕が行ったときはキクは少ししか咲いていなかったのですが、少し早かったようですね。ここも、だいぶ茂ってしまったようなので少し心配な状況ではあります。
秋型のツマグロキチョウの吸蜜は秋らしい貴重な組み合わせですよね。
身近な蝶でも交尾となると運次第ですから、出会えて良かったですね。
Commented by ダンダラ at 2017-10-14 15:00 x
ツマグロキチョウは気温が高かった関係か活発に飛び回るばかりで、意外と撮影のチャンスはなかったですね。
お別れした後別の場所で撮影されていたんですね。
きれいな飛翔が素晴らしいです。
Commented by fushiginomori at 2017-10-14 15:51
秋らしい蝶が並んでいますね。今週は急に寒くなってしまったので、良い時期に出かけられましたね。
シルビアシジミの姿から一気に拝見しました。
実はWifiのデータが超過してしまい、低速になってしまい、ここ数日NETに繋がりませんでした。
Commented by yurinBD at 2017-10-15 10:29
banyanさん、コメント有り難うございます!
カワラノギクの周辺は、各種植物の背丈が伸びつつあるようで、コメント頂きましたとおり、今後の推移が心配ですね。
モンキチョウの交尾はこの日2組観察できました、これまで全く見れていなかったのですが、見れる時には見れるものなのですね。
Commented by yurinBD at 2017-10-15 10:33
ダンダラさん、コメント有り難うございます!
この日の気温は高かったですね、ツマグロキチョウは数が多い割に撮影チャンスは少なく、ダンダラさんにカワラノギク吸蜜シーンをお声がけ頂いて有り難かったです。
保護地にも行ってみたのですが、シルビアシジミを見つけることはできませんでした。
Commented by yurinBD at 2017-10-15 10:36
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
確かに一気に気温が下がりましたね、良いタイミングで秋の3種を観察できました!
ネットに繋がらないと不便な時代ですよね、ネットは便利なような不便なような、複雑ですね。
Commented by naoggio at 2017-10-15 21:25 x
ツマグロキチョウ、たくさんいましたね。
あのあたりは私が初めてツマグロキチョウを撮影した場所でしたので懐かしかったです。
カワラノギクからの飛び出しシーンは圧巻ですね。
私は静止すら撮れませんでした(笑)。
こんなきれいなベニシジミも来ていたんですね。
Commented by yurinBD at 2017-10-15 22:12
naoggioさん、コメント有り難うございます!
ツマグロキチョウはたくさんでした、環境が変化しつつあるようですが、頑張って欲しいですね。
ツマグロキチョウはコセンダングサが大好きなようで、カワラノギクでの吸蜜シーンは少なかったです。ダンダラさんにお声がけ頂かなければ撮れなかったと思います。
カワラノギクで吸蜜するベニシジミは、オレンジの紋が鮮やかでした!
by yurinBD | 2017-10-14 06:15 | 求愛・交尾・産卵・羽化 | Comments(8)