ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

白い粉をまとったコフキトンボ(千葉県松戸市、20170702)

7月2日(日)、ネムノキに飛来したカラスアゲハ、ナガサキアゲハを観察したフィールドでは、コフキトンボがたくさん舞っていました。


コフキトンボ
コフキトンボ、名前のとおり粉を吹いたようですね。そして眼が大きい! 胸部に粉が少なく、複雑な模様がはっきりと見えていますので、雄♂と同色型の雌♀かな?(←雄♂だったらご指摘お願いします)。
f0345350_20223956.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/200, ISO200


コフキトンボ雌♀・オビトンボ型
こちらはオビトンボ型(異色型)の雌♀。地域によって多かったり、少なかったりするようです。このタイプの方が同色型よりも人気が高いですね。
f0345350_20265540.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/640, ISO200


松戸ではそこそこの数のオビトンボ型が見られます。
f0345350_20291429.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/320, ISO200


ショウジョウトンボ
こちらはショウジョウトンボ。
f0345350_20303980.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/500, ISO200


翅の付け根の紅色が良いですね~。
f0345350_20370523.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/640, ISO200


ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)は名前通りの真っ赤なタイプがそれらしさがありますね。
f0345350_20320785.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F10, 1/200, ISO200


コシアキトンボ
コシアキトンボも数が多いです。
f0345350_20324620.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F10, 1/160, ISO200


ウチワヤンマ
ウチワヤンマが池の縁を悠々と飛んでおりました。行ったり来たりしますので、飛んでいるところを撮りたくなります。
f0345350_20330424.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/640, ISO1600


チョウトンボを探したのですが、まだ出ていないようでした。蜻蛉も未見種が多いです、たまには珍しい蜻蛉を見に行きたいものです。




Commented by fushiginomori at 2017-07-07 22:44
トンボもいろいろ生息しているのですね。どれも見たことが無い気がします。
ときどきトンボを撮ってみても、いまいちピントが決まらないので…難しい気がします。
Commented by rindon3190 at 2017-07-08 07:40
ウチワトンボの飛ぶ姿がいいですね。
ショウジョウトンボは真っ赤なのがよく目立ちますよね。
コフキトンボこちらではあまりみられません。
いろいろなトンボにあえて楽しそうですね。
Commented by banyan10 at 2017-07-09 02:18
一時はトンボも結構調べて撮影していましたが、最近は蝶のついでに戻ってしまいました。(^^;
オビトンボ型はいいですよね。1度しか撮影したことがありません。
Commented by yurinBD at 2017-07-09 07:24
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
今回ご紹介したトンボはミドリシジミの公園ではとてもポピュラーで、たくさんいますよ~。トンボは全体にピントを合わせるのが難しいですよね、今回は真横から撮ってみました。
Commented by yurinBD at 2017-07-09 07:27
rindonさん、コメント有り難うございます!
ウチワヤンマは何と言っても腹部の「うちわ」がチャームポイントですよね♪
夏に入り、トンボの種類も増えてきて、近場でも楽しめて有り難いです!
Commented by yurinBD at 2017-07-09 07:29
banyanさん、コメント有り難うございます!
蝶と蜻蛉の両方を追いかけるのは、時間の制約からなかなか難しいですよね。
遠征の時などは、近場でも見ることのできない蜻蛉を撮っておきたいのですが、なかなかできていません。
ブログタイトルが「Butterfly & Dragonfly」ですので、もう少し蜻蛉も撮影したいと思っています。
by yurinBD | 2017-07-07 20:27 | 千葉 | Comments(6)