ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アザミ:蝶が好む花(2011-2016)

2011年~2016年の間に、私が観察できた範囲でハルジオンと同様に3番目に多くの蝶を集めた花は、昨年時点から3ランクアップしたアザミでした。ここでのアザミの定義は「キク科・アザミ属」だけではなく、アザミ属とは異なる属に分類されるものであっても「xxxアザミ」とアザミの名前が付いた種類はアザミとして取り扱っています。


①クリ(ブナ科) 23種類(前年比1種増加)
②ブッドレア(フジウツギ科) 21種類(1種増加)
③ハルジオン(キク科) 18種類(3種増加)
③アザミ(キク科) 18種類(4種増加)
⑤サンジャクバーベナ(クマツヅラ科) 17種類(記録伸びず)
⑤センダングサ(キク科) 17種類(4種増加)
⑦アベリア(スイカズラ科) 15種類(2種増加)
⑦フジバカマ(キク科) 15種類(記録伸びず)
⑨コスモス(キク科) 13種類(記録伸びず)
⑨セイタカアワダチソウ(キク科) 13種類(1種増加)
⑨ツツジ(ツツジ科) 13種類(3種増加)
⑫ヒャクニチソウ(キク科) 11種類(1種増加)
⑫ソバ(タデ科) 11種類(記録伸びず)
⑭オカトラノオ(サクラソウ科) 10種類(5種増加)
⑭マリーゴールド(キク科) 10種類(1種増加)
⑭タンポポ(キク科) 10種類(1種増加)


昨年の集計時にキアゲハが漏れていました(汗) 2016年に新たにアザミでの吸蜜を観察できた蝶はアゲハ、カラスアゲハ、クモガタヒョウモン。合計で4種類追加です。


■キアゲハ(アゲハチョウ科)×ノハラアザミ(キク科アザミ属)
2015年8月、長野県の白樺リゾート池の平ファミリーランドの敷地内で観察しました。
f0345350_20142678.jpg
Panasonic DHC-GH4, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro, F6.3, 1/320, ISO800


■アゲハ(アゲハチョウ科)×ヒレアザミ(キク科ヒレアザミ属)
5月初旬、野田市のフィールドで、ヒレアザミで吸蜜している姿を見ることができました。
f0345350_20261066.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/640, ISO400


■カラスアゲハ(アゲハチョウ科)×ノアザミ(キク科アザミ属)
カラスアゲハのノアザミでの吸蜜は、5月に埼玉で観察しました。
f0345350_20555511.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/1600, ISO1600


■クモガタヒョウモン(タテハチョウ科)×ノアザミ(キク科アザミ属)
クモガタヒョウモンのノアザミでの吸蜜も、カラスアゲハ(↑)を観察した埼玉のフィールドで観察しました。
f0345350_20461260.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/500, ISO200


これでアザミで吸蜜した蝶の種類は18種類になりました。赤紫色のアザミは蝶を惹きつける力が強いようですね。

■アゲハチョウ科:3種類
アゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ
■シロチョウ科:2種類
キタキチョウ、モンシロチョウ
■タテハチョウ科:10種類
ウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモン、クモガタヒョウモン、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、ベニヒカゲ、アサギマダラ、オオゴマダラ
■シジミチョウ科:0種類
観察できていません。
■セセリチョウ科:3種類
オオチャバネセセリ、イチモンジセセリ、ヒメキマダラセセリ


アゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ、クモガタヒョウモン以外の蝶のハルジオンでの吸蜜写真はこちらをご参照ください!

昨年の記事(↑)で、「今季は特にアザミに来るアゲハ類を撮影したいな、と思っております」と記載したのですが、アゲハ類のアザミ吸蜜は希望どおり撮影できました。今年はアザミでのシジミチョウ科の吸蜜を見たいと思っています。ネットで検索すると、未見のオオルリシジミがアザミで吸蜜することがあるようです。見に行きたいところです!



Commented by KAZ at 2017-01-16 02:26 x
こんばんは。
アザミは蝶が良く来ますね。
房総ではモンキアゲハの吸蜜も時折見かけます。
夏の高原ではコキマダラセセリやアカセセリやヤマキチョウもやって来ますね。
一昨年安曇野にオオルリシジミを見に行った時には確かにアザミで吸蜜する姿も何度か見かけましたよ。
Commented by mikiosu at 2017-01-16 04:13
こんにちは。
個人的にはアザミのような赤系の花に蝶がくるシーンは好きです。
時期的なこともあるのかタテハチョウ系が多いようですね。
調べてみたら昨年はアカセセリの吸蜜が撮れてました♪
Commented by rindon3190 at 2017-01-16 07:36
アザミの花にチョウはよくきますよね。
高原でも、平地でもアザミの花は吸蜜しやすいのでしょうね。
ムラサキの花がどのチョウも引き立っていて、きれいです。
私もこの花で今年はじっくり撮りたいです。
Commented by fushiginomori at 2017-01-16 10:51
アザミは平地にも多いですが、蝶との組み合わせは高原が良いですね。
ヒョウモン類、山地性タテハ、アサギマダラ、あとスジボソヤマキの写真があったような…。
沖縄でクロマダラソテツシジミも見た記憶があります。
まだ、上位進出が期待できそうですね。
Commented by himeoo27 at 2017-01-16 20:38
ヒメオオにとってアザミの花で吸蜜するチョウというと
まずヒョウモンチョウの仲間という固定概念があります。
クモガタヒョウモンの吸蜜する姿素敵ですね!
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:04
KAZさん、コメント有り難うございます!
アザミの蝶を集める力は凄いですよね~
房総のモンキアゲハ、良いですね!!とても見たいです!
アカセセリ、ヤマキチョウ、オオルリシジミはどれも未見です。今年は是非、アザミで吸蜜する姿を撮影したいものです!
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:06
みき♂さん、コメント有り難うございます!
コメント頂きましたとおり、赤系の花と蝶はよく似合いますよね~♪
特に高原でアザミ×タテハチョウの組み合わせは多いですよね。
アカセセリ!良いですね~♪今年はアカセセリも探してみたいものです!
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:11
rindonさん、コメント有り難うございます!
アザミは日本全国で150種類以上あるそうです。
様々な場所に、様々なアザミが咲いていて、そこに様々な蝶がやってくると思うと楽しいですね~♪
コメント頂きましたとおり、アザミの花は蝶を引き立ててくれますね!
今年もまた、アザミと蝶の新たな組み合わせを狙ってみます!!
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:14
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
冬のオフシーズンには、春以降の蝶の妄想をよくしますが(笑)、高原のアザミに来る高原の蝶たちを撮影することを考えると、それだけで楽しくなります。
スジボソヤマキ!良いですね~♪私にとっては未見の蝶ですので、今年は狙ってみたいと思います!
アザミは様々な場所にあり、季節的にも春~秋まで異なる種類のアザミが咲きますので、間違いなく順位は上がるでしょうね。
それを楽しみにアザミにやってくる蝶を探してみます!
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:18
ヒメオオさん、コメント有り難うございます!
アザミとヒョウモンチョウはよく似合いますよね~♪
夏に高原でアザミ×ヒョウモンチョウの組み合わせを見ることが楽しみです!
クモガタヒョウモンとアザミ、望遠で背景もスッキリとし、なかなかよく撮れたと自画自賛です(笑)
アザミで吸蜜する蝶は、高さ的にも撮影しやすいのかもしれませんね。
Commented by Sippo5655 at 2017-01-16 21:23
アザミはもう大御所でしょう!
セセリかアゲハをつい連想してしまいますが
シジミチョウもけっこうやって来ると思います。
白いアザミも気になりますね。
白いアザミにどれほどアゲハの仲間がやって来るのか。
Commented by yurinBD at 2017-01-16 21:51
Sippoさん、コメント有り難うございます!
そうですよね、アザミは大御所ですね(^^♪
シジミチョウもやってくるわけですね、今年は気を付けて観察してみます!
白いアザミですかっ!ネットで調べてみたらノアザミの仲間のようですね。まだ見たことがありませんが、是非見てみたいです!
by yurinBD | 2017-01-15 21:36 | 蝶が好む花 | Comments(12)