ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る

星のボブことIambrix stelliferなどランカウイのセセリチョウ達(Langkawi, Malaysia、20151230-20160101)

本日ご紹介するのはランカウイで出会ったセセリチョウ達のうち翅を閉じてとまるタイプです。セセリチョウは地味な蝶ではありますが、中には個性がキラッと光る種類もおり、なかなか魅力的です。セセリチョウは種類が多く、似たようなものもありますので、現時点で同定できていない種類が幾つか残ってしまいました。



星のボブ (Iambrix stellifer)
「星のボブ」はこの蝶の英語名である"The Starry Bob"を日本語に直訳したもので、世間で通じるものではありません。ボブは急に上下に動くセセリチョウの動きを表現したものと想像されます。この蝶の和名は見つかりませんでした。近縁種のIambrix salsala(英語名 "the Chestnut Bob"、栗色のボブ)の和名を調べてみると「ホシゾラセセリ」とされており、英語名と和名の関係がややこしいですね。いずれにしても両種ともに栗色の地色に白い紋様がよく目立ち、夜空に輝く星を現したロマンチックなネーミングですね!

f0345350_22533201.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/125, ISO3200



マネシセセリ(Hyarotis adrastus)
裏翅のもやもやっとした白い紋が特徴的ですね!触覚の先端近くが白い点もお洒落で魅力的なセセリチョウだと思います。

f0345350_07251832.jpg
f0345350_11452911.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/400, ISO400



ヒメシロモンクロセセリ(Notocrypta paralysos)
日本のクロセセリ(Notocrypta curvifascia)の仲間のようで、白い大きな紋を持っている点が特徴的です。このぐらい特徴があると同定しやすく助かります。

f0345350_07261306.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/800, ISO1600


f0345350_07261700.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/250, ISO800



オマハキマダラセセリ(Potanthus omaha)
キマダラセセリの仲間は多く、デザインが似ているため、同定は難しいですね。可能な限り翅の表・裏双方を撮影するようにしていますが、同定が間違っていたらすみません。

f0345350_07270728.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5, 1/400, ISO400


f0345350_07271110.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5, 1/400, ISO400


f0345350_07271440.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/100, ISO400



Isma iapis
このセセリチョウは薄い色合いの裏翅に、うっすらとした黒系の点模様がついています。クロボシセセリほど黒い点が明瞭ではなく、模様の見極めが難しいです・・・。

f0345350_07282828.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/250, ISO3200



同定できていないセセリの仲間たち
同定できていないセセリチョウたちです。今後、判明した段階で種名を記載するようにします。

f0345350_07285058.jpg
f0345350_12161001.jpg
f0345350_07294138.jpg
f0345350_07302463.jpg
f0345350_12163536.jpg


セセリチョウの種類は多く、同定が難しいです。種類が分からないと落ち着かない面がありますので、マレーシアで蝶の図鑑を買えば良かったなー、と後悔です・・・。



Commented by fushiginomori at 2016-01-27 19:46
ホシゾラセセリがいいですね。
セセリチョウは同定が難しいですよね。
私などは、特徴のないセセリはついパスしてしまいます…。
ランカウイはタイとの共通種が多いようで、
khaoyaiさんの「タイの自然と風景2」がかなり参考になると思います。
Commented by rindon3190 at 2016-01-27 20:25
星のボブちゃん、ロマンティックな名前ですね。
茶色い翅に白い模様がいいです。
セセリチョウは皆可愛いおめめをしていますね。
日本でもみるような、似たようなものもいるようですね。
愛情いっぱいのお写真に和みます。
Commented by Sippo5655 at 2016-01-27 21:58
ほ、星の・・・ボブ!?
なんてロマンティックな名前でしょう。
またその容姿も、名前にぴったりですね!!
セセリチョウ全てにこのような
ロマンティックな名前を付けてあげたい~♪
Commented by mikiosu at 2016-01-28 02:21
こんにちは。
ホシゾラセセリ! いいネーミングじゃないですか。
ヨゾラノムコウセセリじゃ長過ぎますしね(笑)。
セセリチョウ類もいろいろ撮られたのですね。
そろそろミヤマセセリが見たくなってきました…って、まだ早過ぎますね。
Commented by yurinBD at 2016-01-28 20:45
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
星のボブ、なかなか良い色合いの地色に白い星、
良い感じですよね。
セセリの同定は難しいですよね、とりあえず撮影
しておいて調べようとしても、特徴が弱いセセリは
同定に至りませんでした。
ご教示頂きましたkhaoyaiさんの「タイの自然と風景2」
とても参考になりました!+タイにも行きたくなりました(笑)
Commented by yurinBD at 2016-01-28 20:47
rindonさん、コメント有り難うございます!
名前は大切ですよね、名前が分かって、それが
良い名前だと愛着が湧いてくるような気がします。
コメント頂きましたとおり、セセリチョウの目は
可愛いですよね。
早く春になって日本のセセリにも会いたいです!
Commented by yurinBD at 2016-01-28 20:50
Sippoさん、コメント有り難うございます!
星のボブ、容姿にマッチして、かつ良い名前だと
嬉しくなりますね~♪
名前が良いと愛着もわきますので、
全ての蝶に良い名前を付けてあげたいですね!
Commented by yurinBD at 2016-01-28 20:53
ミキ♂さん、コメント有り難うございます!
海外の蝶の和名がどのように付けられているのか
よく分かりませんが、和名が付いていない蝶には
名前を付けてあげたくなりますね。
ミヤマセセリ、見たくなりますよね~♪
私も皆さんの昨年3月頃のブログをチェックして、
あれも見たい、これも見たいと「撮らぬ蝶の皮算用」です(笑)
Commented by banyan10 at 2016-01-29 17:34
星のボブもホシゾラもいい名前ですね。
蝶もとても魅力的です。
綺麗な蝶にはこういう名前を付けてほしいですね。
海外では同定も難しいですね。
不明の最初のはホソバセセリとホシチャバネセセリの中間ぐらいの印象です。
Commented by yurinBD at 2016-01-29 19:57
banyanさん、コメント有り難うございます!
蝶には蝶の魅力にマッチした素敵な名前が良いですね!
蝶の名前の中には、よく考えたなーと感心する名前がありますよね。
コメント頂きましたとおり、ホソバセセリとホシチャバネセセリの中間的印象がありますね。
セセリチョウは種類が多いですが、どうしてこんなに多様になったのか、興味深いです。
多様な植物の存在が、蝶を多様にしたのでしょうね、現在の多様性が一種も欠けることなく長く継続することを祈りたいですね!
by yurinBD | 2016-01-27 06:56 | Malaysia | Comments(10)