ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る

ランカウイの森に住むイナズマチョウたち(Langkawi, Malaysia、20151230-20160101)

年末年始に訪問したマレーシアのランカウイ島、滞在した島の北西部のダタイ地区は綺麗なアンダマン海の海岸近くまで深い森が迫り、とても静かで自然たっぷりの環境に恵まれた場所です。


欧州から太陽を求めてやって来る人々は、ここで数週間を過ごすそうです。羨ましい限りですね。
f0345350_17572413.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F18, 1/100, ISO100


下の写真の○印のところにダタイ(The Datai Langkawi)という有名なホテルがあり、海からホテルに繋がる森に囲まれた道筋には蝶がやってきます。
f0345350_18005643.jpg


ダタイの歩道を海側からホテルの建物側に進むと、可愛い猿-シロマブタザル(ダスキールトン)-がお出迎え。豊かな森は、こうした大型の哺乳類も育んでいるようです。
f0345350_18020106.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/250, ISO800



サトオオイナズマ (Lexias pardalis)
更にホテルの建物方向に道を登っていくと、歩道脇に見たことのない蝶がいることに気が付きました!
f0345350_18033368.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/1600, ISO3200


イナズマチョウの仲間、初めて見ました。スミナガシとは色合いが違いますが、夜空を彩る花火のようにも見えますね。
f0345350_18245294.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5, 1/400, ISO1600


サトオオイナズマはタテハチョウ科(Nymphalidae)・イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae)・イナズマチョウ族(Adoliadini)・オオイナズマ属(Lexias)の蝶で、写真はその雌♀です。雌♀と雄♂は全くデザインが異なります。近縁種にヤマオオイナズマ(Lexias dirtea)がいますが、触覚が先端がオレンジ色であることから、サトオオイナズマとしました。


観察していると、地面を歩き、落ちている木の実から吸汁を始めました。口吻が赤いですね!
f0345350_19153327.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/125, ISO800


f0345350_19153834.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/125, ISO800


裏翅の様子も撮影してみました。裏翅はシンプルですね。
f0345350_19160776.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7.1, 1/125, ISO800


続いて葉の上でも吸水?吸汁? 触覚の先端がオレンジ色であることがよく分かります。
f0345350_19182658.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5, 1/320, ISO1600



ランカウイでは、サトオオイナズマの他にも4種類のイナズマチョウに出会うことができました。ずらっとご紹介します。



テウタリクイナズマ (Bassarona teuta)
f0345350_20241850.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/320, ISO400


イナズマチョウ族(Adoliadini)・リクイナズマ属(Bassarona)の蝶です。イチモンジの模様がシンプルで素敵です。この模様を見ると、イナズマチョウがイチモンジチョウ亜科というのも納得ですね。


チャイロイナズマ (Euthalia aconthea)
f0345350_20241174.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/2000, ISO400


イナズマチョウ族(Adoliadini)・イナズマチョウ属(Euthalia)の蝶です。この蝶について調べていたら、この幼虫の擬態が凄いんです。食草がマンゴーの葉らしいのですが、幼虫はマンゴーの葉と一体化しています。ご興味がおありの方は、こちらの "Butterflies of Singapore" のサイトを是非ご覧ください。



モニナイナズマ (Euthalia monina)
f0345350_20242275.jpg
Panasonic DHC-GH4, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro, F6.3, 1/320, ISO200


チャイロイナズマ同様にイナズマチョウ属(Euthalia)の蝶です。後翅のブルーのギザギザ模様がイナズマチョウのネーミングに似合っています。この蝶の色合いと模様は好きです。青い稲妻と聞くと、ジャイアンツの松本匡史選手を思い出してしまいます・・・。



ジュリイコイナズマ (Tanaecia julii)
f0345350_20242740.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/1000, ISO400


イナズマチョウ族(Adoliadini)・コイナズマ属(Tanaecia)の蝶です。コイナズマ属の仲間には似たような種類の蝶がいるようです。同定にやや自信がない部分があります。間違っていたらすいません+ご教示をお願いします。



ランカウイの森でイナズマチョウの仲間5種類に出会うことができました。南国ならではの魅力的な蝶たちでした!





Commented by rindon3190 at 2016-01-15 22:53
イナズマチョウというのですか。
素晴らしいチョウを沢山みせていただきましたが、
サトオオイナズマは親近感がありますね。
スミナガシのようで、渋い色合いですね。
専門的な名前ばかりで、分からないものばかりですが
フシギノモリには確かに可愛らしくて不思議なチョウが多いですね。

Commented by fushiginomori at 2016-01-16 15:26
イナズマチョウ、綺麗に撮影されていますね。さすがです。
飛ぶスピードも速く、敏感なので、撮影は難しい蝶ですよね。
無傷の個体と出逢えるだけでも幸運だと思います。
写真の猿は”良いサル”の方ですね。愛嬌がありますね。
Commented by Sippo5655 at 2016-01-16 21:35
イナズマチョウって、名前だけでもインパクトありますね!!
そして紋様の美しさ!!
見入ってしまいました。
いろんな子がいるのですね・・!!
サトオオイナズマは、ほんとスミナガシみたいです(*´∇`*)
Commented by yurinBD at 2016-01-17 07:25
rindonさん、コメント有り難うございます!
イナズマチョウは初めて見ましたが、変わった色合い
の種類も多く、魅力的な蝶たちでした!
サトオオイナズマは赤い口吻とオレンジの触覚も
お洒落でした~。
フシギノモリは魅力たっぷりでした!
Commented by yurinBD at 2016-01-17 07:35
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
サトオオイナズマは吸汁してくれましたので、落ち着いて撮影できました!
その他の種類は一瞬だけの撮影で、ゆっくり撮影とはいきませんでした。
fushiginomoriさんが出会われたドゥンヤリクイナズマやアオヘリコイナズマには出会えず、残念でした。
お猿さん、コメント頂きましたとおりグッドモンキーと呼ばれる”良いサル”ですね。このお猿さんは可愛いですね~♪
Commented by yurinBD at 2016-01-17 07:39
Sippoさん、コメント有り難うございます!
イナズマチョウのネーミングは、熱帯雨林の夜空に光る稲妻からきているのでしょうね、稲妻のようなギザギザ模様の種類が多いです!
紋様も個性豊かで、熱帯雨林の豊かさを感じますね~♪
サトオオイナズマは花火のようですね!
そう言えば昨年はスミナガシに出会っていませんでした、今年は是非撮影したいです!
Commented by dragonbutter at 2016-01-17 22:35
素晴しい蝶を堪能させていただきました。
こんな場所に数週間も滞在出来たらさぞ命の洗濯になるでしょうね。
そんなに長くなくてもいいから行ってみたいです!
Commented by yurinBD at 2016-01-18 06:26
dragonbutterさん、コメント有り難うございます!
南国のイナズマチョウ達は良い気候の中、イキイキと暮らしているように見えました!
欧州の方々は健康のために陽の光を浴びるのが一番の滞在目的のようです。
私もまた訪問してみたいです!
by yurinBD | 2016-01-15 20:46 | Malaysia | Comments(8)