ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る

ヒメアカタテハ幼虫の巣作り(千葉県松戸市、20151121)

今日は一気に冬が来たような感じがしますね、寒いです。
さて、11月21日(土)は午前中に市川市のフィールドを散策した後、
自宅近くで見つけたヒメアカタテハの幼虫のその後の様子を見に行ってきました。



ヒメアカタテハの幼虫は、小さな川沿いの小路にいます。
小路にはセイタカアワダチソウの花が一部残っており、ツマグロヒョウモンが吸蜜にきておりました。
成虫越冬の蝶ではありませんが、晩秋なのに綺麗な個体です。
f0345350_08244487.jpg
f0345350_08244838.jpg

ヤマトシジミも何頭か飛んでいました。
f0345350_08260704.jpg


ヒメアカタテハの幼虫を探してみます。
左側の下側に川が流れています。ヨモギは右の壁際に生えています。
f0345350_08270037.jpg

壁にはヒメアカタテハの雌がとまっていました。
見ていると産卵を始めました。
f0345350_08281741.jpg
f0345350_08283990.jpg

幼虫の方は5匹ほど見つけました。
既に大きく育っている幼虫もいますので、年内に蛹になる個体がいるように思われました。
f0345350_08310100.jpg
f0345350_08310689.jpg
f0345350_08311025.jpg



さて、タイトルに掲げた「ヒメアカタテハ幼虫の巣作り」ですが、この場所には幼虫も複数いることだし、子供と一緒に観察してみようと、11月15日(日)に、幼虫1匹と前回見つけた蛹を家に持ち帰り、ヨモギを鉢植えにして庭で屋外飼育を始めてみました。

□11月15日(日)
幼虫が古い巣から出てきて、隣にある、より大きなヨモギの株の葉に移動を始めました。
f0345350_08375471.jpg


□11月16日(月)
移動先の新しい葉で、葉の表面を食べています。
食べるだけではなく、その後、糸を張りながら葉を折りたたみ始めました。
f0345350_08391636.jpg
f0345350_08392192.jpg


□11月17日(火)
かなり巣らしい雰囲気になってきました。
f0345350_08410337.jpg


□11月18日(水)
何やら巣から顔を出していました。
f0345350_08420145.jpg


□11月19日(木)
全体が囲われた巣が出来上がっていました。前日に巣から顔を出していたのは巣作りの作業のためだったようです。完全な巣を作るには3日ほどを要したことになります。
f0345350_08435164.jpg


□11月21日(土)
朝観察してみると、巣が2つに増えていました。
f0345350_08452518.jpg

元々あった巣は下側です。これを開いてみると、葉の表面が食べ尽くされた後でした。幼虫は上側に新しい巣を作り始めていました。
f0345350_08452993.jpg
f0345350_08453503.jpg


□11月22日(日)
上側の新しい巣が完全に出来上がっていました。
下側に糞が見えていますので、中で葉を食べて成長しているのでしょうね。
f0345350_08571112.jpg


巣を作り葉の表面を食べ、なくなれば次の葉に移動し巣を作り葉の表面を食べる。この繰り返しをするように思われますが、冬の間も活動し続けるのか、或いは、どこかの時点で休眠に入るのか。蛹になるまでに幾つ巣を作るのか、そんなことも気になり始めました。

何より無事に千葉北西部で越冬できるのか心配ではありますが、フィールドと庭での2本立ての観察を継続したいと思います。








Commented by rindon3190 at 2015-11-25 22:35
素晴らしい観察記録ですね。
素人の私にも分かり易く、読み入ってしまいました。
蛹から来春オレンジ色の翅がでてきたら感動でしょうね。
これからが楽しみですね。
Commented by fushiginomori at 2015-11-26 20:57
どうも脚の多いものと、脚の無いものが苦手で、幼虫の観察は避けていますが…。
ヒメアカタテハ、無事に越冬できると良いですね。
Commented by banyan10 at 2015-11-27 19:00
ヒメアカ幼虫の観察、楽しそうですね。
僕は越冬は幼虫が一番多く、次が成虫ではないかと思っています。
状況次第では蛹もあるのかもしれません。
今後の観察を期待しています。
Commented by yurinBD at 2015-11-28 07:09
rindonさん、コメント有り難うございます!
ヒメアカタテハの幼虫を見つけたのは初めてですので
観察も楽しいです。
このところ冬の寒さがやってきましたので、この寒い中、
育ってくれるか心配ですが、引き続き観察してみたいと
思います。今日も観察してきます!
Commented by yurinBD at 2015-11-28 07:11
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
私も元々は得意ではないのですが、幼虫が蝶に変わると
思うと、比較的得意になり、可愛く見えてきました(笑)
今日は寒いですが天気は良さそうですので、
成虫に会いたいところです!
Commented by yurinBD at 2015-11-28 07:14
banyanさん、コメント有り難うございます!
ヒメアカタテハの幼虫は初めて見つけましたので、
しかも季節が冬ということで、楽しく観察しています。
ヒメアカタテハは現時点で成虫、幼虫、蛹が混在して
いますが、今後、どのように推移していくのか、
見守っていきたいと思います!
Commented by himeoo27 at 2015-11-28 17:14
ヒメアカタテハは一般的には幼虫越冬と
言われていますが、
冬期でも陽だまりで成虫が舞うこともあ
るので興味深い観察記録ですね!
Commented by yurinBD at 2015-11-28 21:03
ヒメオオさん、コメント有り難うございます!
あと数日で12月、既に冬が到来することを考えると
やはり幼虫越冬が多そうですね。
既に蛹もおりますので、蛹がいつ羽化するのかに
ついても注目したいと思います!
by yurinBD | 2015-11-25 21:42 | 卵・幼虫・前蛹・蛹 | Comments(8)