ブログトップ | ログイン

Butterfly & Dragonfly

家族旅行や週末の隙間時間に蝶と蜻蛉の写真を楽しんでいます。


by 悠凜
プロフィールを見る

キタテハの産卵(千葉県松戸市、20170730)

7月30日(日)、昼から所用があることもあり近場で楽しもうと、クワガタを探しに息子と一緒に野田のフィールドに出かけてきました。残念ながらクワガタを見つけることはできなかったのですが、思いがけずキタテハの産卵シーンを観察することができました。

キタテハの産卵
キタテハの食草はカナムグラですが、卵を産み付けている植物は葉の形からカナムグラではなくノブドウと思われます(間違っていたらご指摘お願いします)。 つる性植物は同じ場所で様々な種類が絡み合っていますので、カナムグラから多少離れた場所でも大丈夫なのかな? アゲハは脚で幼虫の食草を確認するという話を聞いたことがありますが、キタテハの場合はどうなのでしょうか? ネットで検索すると、キタテハは食草であるカナムグラ以外でも産卵することが相当数あるとの記述が見られました。
f0345350_17311736.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/320, ISO400


ノブドウと思われる植物の巻きひげの部分に産卵している様子です。
f0345350_17262046.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/320, ISO400, トリミング


キタテハの卵
巻きひげにはしっかりと卵が残されていました。キタテハの卵の実物は初めて見ましたが、濃いグリーンに白い縦線が入っている点が手毬のようで面白いです。
f0345350_17335363.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM, F6.3, 1/160, ISO400, トリミング



ヒメアカタテハの卵と似ていますね(↓ 以前撮影したヒメアカタテハの卵)。
f0345350_22253973.jpg




これは枯葉で産卵しているところです。枯葉に産み付けて大丈夫なのかなと心配になりますが、幼虫が自分で食べられる葉の場所まで移動するということなのかもしれません。
f0345350_17364773.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/250, ISO400


画像が不鮮明で分かりにくいですが、枯葉に卵がついていました。
f0345350_17365018.jpg



これはカナムグラかな。枝には結構な長さの棘があります。
f0345350_17381848.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/160, ISO400



ヤマトシジミ
さて、この日、フィールドで最も目立っていた蝶はヤマトシジミ。広い範囲でたくさん飛んでいました。
f0345350_17393378.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/320, ISO400


食草のカタバミの花での吸蜜。
f0345350_17393535.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/200, ISO400



スケバハゴロモ
蝶ではないですが、スケバハゴロモという透明な翅を持つハゴロモを見つけました。南米には透明の翅を持つ蝶や蜻蛉が存在するそうですが、いつか見てみたいものです。
f0345350_17441056.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/250, ISO400



夏型のベニシジミ
夏型は褐色の面積が大きいです。
f0345350_17460713.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/80, ISO100



コミスジ
コミスジ。スイーッと軽快に気持ち良さそうに飛びます。
f0345350_17470763.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F6.3, 1/80, ISO100



アゲハの吸蜜
ヤブガラシで吸蜜しておりました。
f0345350_17481114.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5.6, 1/1000, ISO800



オオアオイトトンボ
蜻蛉で見つけたのは、オオアオイトトンボ。林の中の暗い場所で静かにとまっていました。
f0345350_17490952.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F5, 1/400, ISO3200



アカボシゴマダラ飛翔
帰り際に見つけたのはアカボシゴマダラ。低い位置を飛んでいましたので、飛翔姿を撮影してみました。
f0345350_17505827.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/2000, ISO1600


だいぶ見慣れてしまいましたが、アカボシゴマダラのデザインはかなり特徴的ですね。
f0345350_17510098.jpg
Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9, 1/1000, ISO1600



今回はキタテハの産卵シーンを観察することができ幸運でした。次回同じフィールドに行く際には、産卵を目撃した場所でカナムグラを確認するとともに、キタテハの幼虫を探してみたいと思います。




Commented by rindon3190 at 2017-08-02 18:33
キタテハの産卵は貴重ですね
綺麗な卵、小さいのにしっかり撮影されています。
無事に羽化できればいいですね。
スケバハゴロモの翅は本当に透けてみえるんですね。
昆虫は多様でおもしろいですね。

Commented by banyan10 at 2017-08-02 20:41
僕はキタテハは食草以外での産卵は観察していませんが、3回程度なので数は少ないです。枯葉などの産卵は夏場では意外な印象ですが、近くに食草があるのでしょうか。
産卵もしっかり撮影できていて見事です。
Commented by yurinBD at 2017-08-03 05:58
rindonさん、コメント有り難うございます!
身近なキタテハですが、これまで産卵を見たことはありませんでしたので、見ることができラッキーでした。
卵は、グリーンの色合いが綺麗でした!
この場所で幼虫、蛹を探してみようかと思っています。
スケバハゴロモ、翅が透明で興味深いですね。
昆虫にはビックリがたくさんですね!
Commented by yurinBD at 2017-08-03 06:00
banyanさん、コメント有り難うございます!
banyanさんはキタテハの産卵を複数回観察されていらっしゃるのですね!さすがです!
枯葉での産卵は意外ですよね、近くにカナムグラはあったのですが、何も枯葉に産卵しなくてもと思いますよね。
産卵シーンを見て慌てて撮影したのですが、間に合って良かったです。
Commented by ダンダラ at 2017-08-03 07:09 x
手元の写真を確認してみましたが、banyanさん同様すべてカナムグラへの産卵でした。
双葉の先に新芽がちょっとだけ出ているようなものにも産卵していましたから、しっかり認識しているみたいです。
食草以外への産卵はやはり少ないのか、観察していても産卵と意識しないでカメラを向けないのかわかりませんが、生態写真としては貴重な感じですね。
これからは私も注意してみてみたいと思います。
Commented by mikiosu at 2017-08-03 13:50
こんにちは。
キタテハの産卵は意外に見かけませんね。卵もとても綺麗に撮られていて素晴らしいです♪
Commented by yurinBD at 2017-08-03 21:31
ダンダラさん、コメント有り難うございます!
お持ちの写真をご確認頂き有り難うございます。
やはり通常はカナグラムでの産卵なのですね。
次回同じ場所に行った際には、カナグラムに幼虫がいるかを確認してみたいと思います!
Commented by yurinBD at 2017-08-03 21:39
みき♂さん、コメント有り難うございます!
キタテハの産卵は初めて見ましたので嬉しかったです。
グリーンの色合いがとても良いですね。
次回はカナグラムで幼虫を探してみます!
Commented by fushiginomori at 2017-08-05 16:09
キタテハの産卵は全く記憶がありません。緑色で植物のようで面白いですね。
身近な場所での観察、もっとしっかりしないと後で後悔しそうですね。
アカボシゴマダラは確実に増えています。去年は里山に行かないと見られなかったのですが、
今年は普通に住宅街でよく見るようになってしまいました。
Commented by himeoo27 at 2017-08-05 19:44
名前のとおり透き通った翅を持つ
「スケバハゴロモ」
お洒落な昆虫ですね!
Commented by Sippo5655 at 2017-08-05 22:07
キタテハはカナムグラ以外も使うんですね。
先日、ウラギンシジミがクズ以外の植物に産卵している
ところに出会ったばかりなので、
なおさら興味津々です。
蝶も食草を広げる工夫?努力?をしているのかも、、、
卵綺麗ですね!!
これまで卵の撮影はあまりしてこなかったので
私も産卵に出会ったら卵も撮影してみようかな♪

今ちょうど、ハゴロモ類の発生時期ピークのようですね。
スケバハゴロモ私もたくさん見かけました。
もう1種、アミガサハゴロモも見かけますが
スケバの方が綺麗で^^;
Commented by yurinBD at 2017-08-07 21:26
fushiginomoriさん、コメント有り難うございます!
キタテハは身近な蝶ですが、産卵シーンはなかなか見せてはくれないのですね。
卵の緑色はなかなか良い色合いで、ツルッとしたサボテン的な雰囲気を感じます。
アカボシゴマダラ、数が多いです。一方でゴマダラチョウは今年一度も見ておらず、ちょっと心配しています。
Commented by yurinBD at 2017-08-07 21:29
ヒメオオさん、コメント有り難うございます!
スケバハゴロモに注目するあたりがさすが虫全般を愛するヒメオオさんですね!
将来、南米で翅の透けた蝶を撮影してみたいものです。おっきな夢です!
Commented by yurinBD at 2017-08-07 21:31
Sippoさん、コメント有り難うございます!
このキタテハは間違った場所に産卵したか、近くにカナムグラがあるのでまぁいいかと思ったか(笑)、いずれかではないかと思っています。
でも蝶が食草を広げる努力をすることはあるような気がしますね~。
Sippoさんも卵を是非撮影してくださいね♪
スケバハゴロモはこの時期多いのですね、いろんな特徴の昆虫がいて面白いです。
by yurinBD | 2017-08-02 06:15 | 求愛・交尾・産卵・羽化 | Comments(14)